管理画面の利用方法 データを管理する
最終更新日 2015-5-29

データをエクスポートする

データをエクポートする

アピアリーズのエクスポート機能を利用すると、各種コレクションに含まれるデータをエクスポートすることができます。

JSONデータのエクスポート機能

JSONデータコレクション内のデータオブジェクトをJSON形式でエクスポートします。

JSONデータをエクスポートする

オブジェクト一覧ページにある「エクスポート」をクリックすると、オブジェクトをダウンロードすることができます。
検索条件を指定してオブジェクトを表示している場合、チェックされたオブジェクトはZIP圧縮ファイルとしてダウンロードされ、
ZIP圧縮ファイルを解凍すると、対象のオブジェクトデータをJSON形式データで記述したJSONファイルが格納されています。
検索条件を指定せず、チェックせずにエクスポートをおこなった場合はZIP圧縮ファイルとしてではなく
JSON形式の対象データが直接ダウンロードされます。

image

以下はダウンロードされるオブジェクトデータの例です。

ファイルデータのエクスポート機能

ファイルデータコレクション内のデータオブジェクトを、 バイナリデータ(ファイルの実体)メタデータ(ファイルの情報) としてエクスポートします。

メタデータはJSON形式のテキストファイルとして出力されます。

ファイルデータをエクスポートする

オブジェクト一覧画面の “エクスポート”ボタンをクリックすると、自動的にZIPファイル形式でダウンロードが開始されます。

image

例:file_file_001.zip
バイナリデータ:5a89b766d69937bd09.png
メタデータ:meta_info.txt