管理画面の利用方法 会員を管理する
最終更新日 2014-12-25

会員の操作をする

会員の操作をする

会員管理

会員に対する操作(登録 / 更新 / 削除)は SDKやREST API以外に、コントロールパネル上からも行うことができます。

会員一覧を表示する

「会員管理」タブをクリックし、会員一覧画面を表示します。

# 項目名 説明
1 基本設定ボタン 基本設定画面に遷移します。
2 会員登録ボタン 会員登録画面に遷移します。
3 会員編集ボタン 会員編集画面に遷移します。
4 会員ID 会員を一意に識別するIDです。コントロールパネルから登録された会員には、システムから自動発番されたIDが割り当てられます。
5 ログインID 会員がログインする際に使用する認証用IDです。
6 メールアドレス 会員のメールアドレスです。メールアドレス認証を“設定する”に設定した場合のみ表示されます。
7 会員種別アイコン 会員種類を表すアイコンを表示します。
8 作成日時 会員が登録された日時を表示します。
9 登録日時 会員情報が更新された日時を表示します。
10 会員削除ボタン 会員削除を行う際にクリックします。
11 会員詳細ボタン 会員詳細画面に遷移します。

image

会員詳細を表示する

会員管理より 「会員詳細」ボタンをクリックし、会員詳細画面を表示します。

# 項目名 説明
1 会員ID 会員を一意に識別するIDです。コントロールパネルから登録された会員には、システムから自動発番されたIDが割り当てられます。
2 SNS連携 連携先のソーシャルネットワークのアイコンが表示されます。SNS連携機能を利用して登録された会員にのみ表示されます。
3 ログインID 会員がログインする際に使用する認証用IDです。
4 パスワード 会員がログインする際に使用する認証用パスワードです。
5 メールアドレス 会員のメールアドレスです。メールアドレス認証を“設定する”に設定した場合のみ表示されます。
6 登録日 会員が登録された日時を表示します。
7 更新日 会員情報が更新された日時を表示します。
8 会員データ JSON形式で自由に定義することができる会員属性情報です。
9 パスワード再設定ボタン パスワード再設定画面に遷移します。
10 戻るボタン 会員一覧画面に遷移します。
11 会員編集ボタン 会員編集画面に遷移します。
12 会員削除ボタン 会員削除を行う際にクリックします。

image

会員登録する

会員管理より 「会員登録」ボタンをクリックし、会員登録画面を表示します。

会員登録必要な情報 123(メールアドレス認証設定の場合表示されています。)と4会員属性情報(アプリの開発者が任意に設定できる項目)を入力して、 5の「登録確認」ボタンをクリックします。

# 項目名 説明
1 ログインID 認証用のログインID。
2 パスワード 認証用のパスワード。
3 メールアドレス メールアドレス。メールアドレス認証を”設定する”に設定した場合のみ表示されます。
4 会員データ 会員にひもづく属性情報。キーと値を自由に設定できます。

image

登録確認画面で、「登録」ボタンをクリックすると、会員管理(会員一覧)画面が表示され登録が完了します。

image

会員削除する

会員管理(会員一覧)で「会員を削除」ボタンをクリックし会員削除確認画面を表示します。

image

「削除」ボタンをクリックすると、会員削除が完了します。

会員情報を編集する

会員管理(会員一覧)より「会員編集」ボタンをクリックして、会員詳細変更画面を表示します。

JSON形式で表示されている会員属性情報 / メールアドレスを必要に応じて編集し、「変更確認」ボタンをクリックします。

確認画面で “確認”を選択することで、会員編集が完了します。

会員パスワードを再設定する

会員詳細画面で 「パスワード再設定」ボタンをクリックします。

パスワード再設定画面で、「新しいパスワード」「新しいパスワード(確認)」を入力し、「変更確認」ボタンをクリックします。

パスワード再設定確認画面で、「変更」ボタンをクリックすることで、パスワードの変更が完了します。