サンプルアプリ
最終更新日 2015-7-17

ギャラリーアプリ

ギャラリーアプリ

お知らせ

「ギャラリーアプリ」は最新 Appiaries SDK v.2.0 リリースにともない、全面的に修正いたしました。
現在 github から入手いただけるソースコードの “master” ブランチが v.2.0 に対応していますが、
古い v.1.4.0 に対応するソースコードについても “v1_4_0″ ブランチから入手いただけます。
ただし Appiaries SDK v.1.4.0 は本年2015年9月にサポート終了を予定しますことを
ご留意いただきますようお願いいたします。

アプリ概要

画像にコメントをつけて追加・編集できるアプリです。
画像ファイルはすべてサーバに保存されます。
再生ボタンを押すと、登録されているすべての画像をスライドショーとして再生することができます。
スライドショーを再生しているときに表示されるコメントは、設定画面にてオン・オフが可能です。
また再生の間隔を設定することも出来ます。

画面

一覧
詳細
編集
追加
追加 (選択)
スライドショー
設定

利用するアピアリーズのAPI群

プロジェクトファイル

Github よりプロジェクトファイルをダウンロード可能です。

Android Studio を利用する場合の注意点:

本アプリのソースは、Eclipse ADT プロジェクトとして公開されているため、Android Studio をお使いになる場合は同IDEの [Import project (Eclipse ADT, Gradle, etc.)] メニューからプロジェクトを変換する必要があります。プロジェクトの変換処理自体は自動実行されるため特に問題となるポイントはありませんが、変換後のビルド実行時に、「Duplicate files copied in APK <ファイル名>」といったエラーによりビルドに失敗する場合があります。このエラーが発生した場合は、ビルドスクリプト(gallery/build.gradle)に packageOptions { exclude '<ファイル名>' } を追記する必要があります。
多くの場合、ダウンロードページ からダウンロードできる androidstudio-BlankApp-*.zip 内の app/build.gradle と同様のオプション指定をすることでエラーを解消することができますので、お困りの場合はご参考ください。

サーバサイドで利用されるコレクション

Entity System Name Type Description Note
イラスト・メタ情報 Illustrations JSON Collection イラストの基本情報を格納する。
イラスト画像 IllustrationImages File Collection Illustrations に紐づく画像を格納する。

“Illustrations” コレクション

(JSON Collection)

イラストの基本情報を格納します。
画像はコントロールパネルからではなく、クライアントアプリから登録されます。
したがって Illustrations コレクションに属するオブジェクトのオブジェクトIDは
登録時にランダムに生成されます。

例:

Object ID: (アプリから作成されるのでランダムに生成されます)

“image_id” は “IllustrationImages” コレクションに登録される相応のオブジェクトを参照します
そのオブジェクトもおなじくクライアントアプリ側からアップロードされるものです

“IllustrationImages” コレクション

(File Collection)

Illustrations コレクションに紐づく画像を格納します。
Illustrations コレクションと同様、オブジェクトはクライアントから作成されるため、
オブジェクトIDは登録時にランダムに生成されます。

例:

Object ID: (アプリから作成されるのでランダムに生成されます)

クライアントアプリからアップロードされる画像です
おそらく幼いアビーちゃんが犬を触っている写真でしょう

その他のサーバサイド設定

アプリID

アピアリーズにアプリ作成時、アプリIDには “gallery” を指定して下さい。
これは次の [アプリ設定] でも説明されますが、サンプルアプリのコードで
アプリIDの定数として “gallery” を設定しているためです。
ご希望のアプリIDがある場合はそれを指定して問題ありません。
もし変更する場合は、[アプリ設定] で説明されている設定ファイルにて
そのアプリIDに変更することを忘れないようにして下さい。

アプリ側設定

最新 SDK v.2.0 対応バージョン

Android (Android SDK v.2.0)

定数は以下のファイルのみに定義されています:

res/values/strings.xml

一つひとつの定義をみていきます。

appiaries__datastore_id は「データストアID」です。
「アプリトークン」と同じように、アピアリーズのAPIにリクエストを送信するときは
必ず「データストアID」を指定する必要があります。
ダウンロードしたサンプルのコードには “appiaries_sample” が設定されています。
ご自身の契約されたデータストアIDを指定してください。
例えば sandbox 環境で開発する場合は “_sandbox” を設定します。

appiaries__application_id は「アプリID」です。
これはあなたのアプリを識別するためのものです。

appiaries__application_tokenは、アピアリーズと通信するときの認証に使われる「アプリトークン」です。
アピアリーズのAPIにリクエストを送信するときに、かならず必要なものです。
アピアリーズのデモ用のappiaries__application_tokenがデフォルトで指定されています。
(参考: “アプリトークンはどこにある?”)

iOS (iOS SDK v.2.0)

定数は以下のファイルのみに定義されています:

Gallery/Library/Configurations.h

一つひとつの定義をみていきます。

kDatastoreID は「データストアID」です。
「アプリトークン」と同じように、アピアリーズのAPIにリクエストを送信するときは
必ず「データストアID」を指定する必要があります。
ダウンロードしたサンプルのコードには “appiaries_sample” が設定されています。
ご自身の契約されたデータストアIDを指定してください。
例えば sandbox 環境で開発する場合は “_sandbox” を設定します。

kApplicationID は「アプリID」です。
これはあなたのアプリを識別するためのものです。

kApplicationToken は、アピアリーズと通信するときの認証に使われる「アプリトークン」です。
アピアリーズのAPIにリクエストを送信するときに、かならず必要なものです。
アピアリーズのデモ用のkApplicationTokenがデフォルトで指定されています。
(参考: “アプリトークンはどこにある?”)

以前の SDK v.1.4.0 対応バージョン

Android (Android SDK v.1.4.0)

定数は以下のファイルのみに定義されています:

com/appiaries/gallery/common/Constants.java

一つひとつの定義をみていきます。

APIS_APP_TOKENは、アピアリーズと通信するときの認証に使われる「アプリトークン」です。
アピアリーズのAPIにリクエストを送信するときに、かならず必要なものです。
アピアリーズのデモ用のAPIS_APP_TOKENがデフォルトで指定されています。
(参考: “アプリトークンはどこにある?”)

APIS_DATASTORE_ID は「データストアID」です。
「アプリトークン」と同じように、アピアリーズのAPIにリクエストを送信するときは
必ず「データストアID」を指定する必要があります。
ダウンロードしたサンプルのコードには “appiaries_sample” が設定されています。
ご自身の契約されたデータストアIDを指定してください。
例えば sandbox 環境で開発する場合は “_sandbox” を設定します。

APIS_APP_ID は「アプリID」です。
これはあなたのアプリを識別するためのものです。

iOS (iOS SDK v.1.4.0)

定数は以下のファイルのみに定義されています:

Gallery/Library/GALConfigurations.h

一つひとつの定義をみていきます。

APISAppToken は、アピアリーズと通信するときの認証に使われる「アプリトークン」です。
アピアリーズのAPIにリクエストを送信するときに、かならず必要なものです。
アピアリーズのデモ用のPUZAPISAppTokenがデフォルトで指定されています。
(参考: “アプリトークンはどこにある?”)

PUZAPISDatastoreId は「データストアID」です。
「アプリトークン」と同じように、アピアリーズのAPIにリクエストを送信するときは
必ず「データストアID」を指定する必要があります。
ダウンロードしたサンプルのコードには “appiaries_sample” が設定されています。
ご自身の契約されたデータストアIDを指定してください。
例えば sandbox 環境で開発する場合は “_sandbox” を設定します。

APISAppId は「アプリID」です。
これはあなたのアプリを識別するためのものです。