管理画面の利用方法 データを管理する
最終更新日 2014-12-9

ファイルを管理する

ファイルデータを管理する

アピアリーズでは、アプリで利用するデータを保管するための ファイルデータコレクション と、そのコレクション内に格納する ファイルデータオブジェクト で構成されたデータベース機能を提供します。

ファイルデータコレクション

ファイルデータオブジェクト を保管しておくためのコレクションです。

ファイルデータコレクション に格納できるのは ファイルデータオブジェクト のみです。

ファイルデータオブジェクトは バイナリデータメタデータ で管理します。

コレクションを作成する

メニューの “データ管理” より “コレクション作成” ボタンをクリックし、コレクション作成画面に移動します。

image

必要な情報 13 を入力し、4“作成” ボタンをクリックします。

# 項目名 説明
1 コレクションID アプリ内のコレクションを一意に識別するためのIDです。
入力したコレクションIDはエンドポイントの一部になります。
2 コレクションタイプ “ファイル”を選択してください。
3 アクセス権限 コレクションに格納するファイルデータオブジェクトにアクセス権限を設定します。
アクセス権限を設定することにより、ファイルオブジェクトに対するアクセス制限を設けることができます。
アクセス権限は、コレクションに格納されるすべてのオブジェクトデータに適用されます。

image

コレクションの作成に成功すると、「作成が完了しました!」というメッセージが画面に表示されます。

image

コレクションを編集する

コレクション一覧画面で、編集したいコレクションの “コレクション編集” ボタンをクリックし、コレクション編集画面に移動します。

image

アクセス権限を編集して、 “保存” ボタンをクリックします。

image

コレクションの編集内容の保存に成功すると、「変更が完了しました。」というメッセージが画面に表示されます。

image

コレクションを削除する

コレクション一覧画面で、削除したいコレクションの “コレクションを削除” ボタンをクリックし、コレクション削除画面に移動します。

image

コレクション削除画面で “削除” ボタンをクリックします。

image

コレクションの削除に成功すると、「削除が完了しました。」というメッセージが画面に表示されます。

image

コレクションの絞込み

コレクション一覧画面の “コレクション一覧表示設定” で、コレクション種別: “ファイル” を選択し、“適用” ボタンをクリックします。

image

該当するコレクションが存在する場合は、一覧表示されます。

image

ファイルデータオブジェクトの設定

ファイルデータオブジェクトで利用可能なフォーマット

アピアリーズのファイルデータ管理では、様々な形式のファイルを登録できます。

例:Image、HTML、JavaScript、Text、Movie、Audio、Flash、Word、Excel、PDF、etc…

オブジェクトを登録する

※オブジェクトを登録するには、事前にコレクションを作成する必要があります。

コレクション一覧画面で、編集したいコレクションの “オブジェクト一覧へ” ボタンをクリックし、オブジェクト一覧画面に移動します。
image

オブジェクト一覧画面で “オブジェクト新規登録” ボタンをクリックし、オブジェクト登録画面に移動します。
image

必要な情報 15 を入力し、6“登録” ボタンをクリックします。

# 項目名 説明
1 オブジェクトID コレクション内のオブジェクトを一意に識別するためのIDです。
入力したオブジェクトIDはエンドポイントの一部になります。
2 ファイル 任意のバイナリデータをアップロードします。
3 ファイル名 アップロードしたバイナリデータのファイル名を設定します。
4 コンテントタイプ アップロードしたバイナリデータのコンテントタイプを設定します。
5 タグ アップロードしたバイナリデータに任意タグを付与することができます。

image

オブジェクトの登録に成功すると、「登録が完了しました!」というメッセージが画面に表示されます。

image

オブジェクトを編集する

オブジェクト一覧画面で 編集したいオブジェクトの “edit” ボタンをクリックし、オブジェクト編集画面を表示します。
image

ファイルデータの内容を編集して、1の “保存” ボタンをクリックします。

image

オブジェクトの編集内容の保存に成功すると、「保存が完了しました!」というメッセージが画面に表示されます。

image

オブジェクトを削除する

オブジェクト一覧画面で 削除したいオブジェクトの “delete” ボタンをクリックし、オブジェクト削除確認画面に移動します。
image
オブジェクト削除確認画面で “削除” ボタンをクリックします。

image

オブジェクトの削除に成功すると、「削除が完了しました!」というメッセージが画面に表示されます。

image

オブジェクトの表示設定

一覧に表示するオブジェクトの画面表示設定を行います。
オブジェクト一覧画面のオブジェクト表示設定にて、17 を設定し、 8“適用” ボタンをクリックします。

# 項目名 説明
1 絞込み条件 一覧に表示するファイルデータを絞り込む設定です。
指定した条件に合致するデータのみ表示されるようになります。
2 コンテントタイプ 一覧に表示するファイルをコンテントタイプで絞り込む設定です。
3 メンバー選択 一覧に表示するファイルデータのメンバーを絞り込む設定です。
指定したメンバーのみ表示させることができます。
4 ソート方式 一覧に表示するファイルデータの表示順を決定する設定です。
5 表示件数 1画面あたりのファイルデータ数を設定できます。
6 表示方式 ブロック形式、テーブル形式を設定できます。
ブロック形式 : 各ファイルデータをブロック単位で表示します。
テーブル形式 : ファイルデータの各キーをヘッダ名とする表として表示します。
7 削除ボタン オブジェクト一覧画面の、各オブジェクト行の削除ボタンを表示/非表示にする設定です。

image